イベントインフォメーション

「中国陝西楡林石炭化学高度化・新材料産業協力推進招致会」のご案内

さて、このたび陝西省商務庁、楡林市人民政府主催による「中国陝西楡林石炭化学高度化・新材料産業協力推進招致会」が都内で開催される運びとなりましたので、ここにご案内申し上げます。

 陝西省は中国の西部に位置し、その歴史は隋唐時代に遡り古くから日中交流の要の地として日本人にも親しまれてまいりました。

楡林市は陝西省の北部に位置しており、豊富に賦存する石炭や岩塩などの資源を生かして楡林技術開発区に総合的な化学素材産業コンビナートの構築を目指しております。同開発区は、国家級新型工業化産業のモデル基地であり、かつ、国が企画した陝北エネルギー化学工業基地の一つとしても位置づけられております。開発区には水供給、電力供給、熱供給、ガス供給、汚水処理、及び道路等のインフラが整備され、神華集団、エン鉱集団、延長集団、陝煤化集団等が石炭化学事業を展開しております。

今回の招致会は、陝西省と日本企業のエネルギー、素材産業に関する協力の拡大を目的として、下記の要領にて開催されます。

主 催:陝西省商務庁、楡林市人民政府

協 力:ハイケム株式会社、日経BP総研

後 援:独立行政法人日本貿易振興機構、

一般財団法人日中経済協会、一般財団法人石炭エネルギーセンター

日 時:2019年7月3日(水)14:30‐19:00

    *17:30~19:00  懇親会

会 場:ザ・パークプリンスタワー東京 コンベンションホールF

内 容:プログラム概要(日本語・中国語同時通訳付き)

            Ⅰ:コンベンションホールF

14:30-15:05  ゲスト紹介、主賓・来賓ご挨拶

15:05-15:50  楡林市エネルギー工業団地の現状、投資環境等について説明

15:50-16:05  日本ハイケム株式会社より楡林事業について紹介

16:10-16:30  調印式

ティータイム

Ⅱ:コンベンションホールG

16:50-17:30  質疑応答と意見交換

17:30-19:00  懇親会

参加費:無料

お申込み・詳細はこちらから

お問い合わせ先 : ハイケム株式会社 業務支援室
        TEL 03-5542-0572  E-mail

CCT ワークショップ 2019 のご案内

弊センターでは、クリーンエネルギーとしての石炭利用技術開発を進めるため、今後の石炭利用技術の方向性を皆様とディスカッションできることを目標に本ワークショップを本年も開催いたします。

日時 : 令和元年7月12日(金曜日)

場所 : KFC Hall & Rooms (国際ファッションセンター) (第一ホテル両国)

対象 : JCOAL会員企業、団体所属の方限定

参加費 : 無料

お申込みは、JCOAL会員専用サイト「イベントカレンダー」からお願いします。

(会員専用サイト利用のための各社IDがご不明な方はこちらへメールにてご連絡ください)

CCT ワークショップ 2019 開催案内 プログラム

「第1回炭素資源セミナー」 開催のお知らせ

JCOALでは、炭素資源に関わる知見を共有化し、新たな技術開発のテーマの創出に資することを目的に、セミナーを開催致します。

この度「第1回炭素資源セミナー」を下記の通り開催致します。

基調講演として、経済産業省カーボンリサイクル室より我が国のカーボンリサイクルの取組みについてご講演いただきます。

企業からは、株式会社ユーグレナより、微細藻類(ミドリムシ)由来のバイオ燃料製造の取組みについてご講演いただきます。

炭素資源に関する取組みの最新動向についてご理解いただく良い機会と存じます。

<開催要領>

日時  2019年6月25日(火)15:00~17:25 受付開始14:30

場所  石垣記念ホール
    電話 03-3437-7514 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル9階

参加費 JCOAL会員企業: 2,000円(税込)  一般3,000円(税込)

定員  100名

申込み こちらの「申込書」へご記入の上、メールまたはFAXにてお申込みください。

【お問い合わせ先】JCOAL技術連携戦略センター 齊藤、殖田
 電話: 03-6402-6101 FAX: 03-6402-6110

<プログラム>

時間 概要 内容
15:00
~ (5分)
15:05
開催挨拶 JCOAL
15:05
~ (20分)
15:25
基調講演 タイトル 「カーボンリサイクルについて(仮称)」
経済産業省長官官房カーボンリサイクル室
吉岡 正嗣
15:25
~ (85分)
16:50
講演 タイトル
「僕はミドリムシで世界を救うことに決めました」
株式会社ユーグレナ 代表取締役社長 出雲 充
16:50
~ (30分)
17:20
質疑応答 司会 JCOAL炭素循環室長 須山 千秋
講師とのディスカッションも予定しております。
17:20
~ (5分)
17:25
閉会挨拶 JCOAL

Japan CCSフォーラム 2019

グローバルCCSインスティテュート主催「Japan CCS フォーラム2019」が6月12日(水曜日)に開催されます。

お申込み、詳細については以下をご参照ください。

Japan CCSフォーラム2019参加登録

サイドイベント 苫小牧CCS実証試験センター見学会登録

JCOAL技術者セミナー開催のご案内

JCOAL(石炭エネルギーセンター)では、石炭利用技術に関わる知見を共有化し、新たな技術開発テーマの創出に資することを目的にセミナーを開催しています。

 

石炭利用拡大、高効率化、環境保全に向けた種々の取り組みについて、毎回テーマを設定し、ご専門の先生をお招きしてご講演をいただいております。

 

本年度第2回の勉強会として、「バイオ燃料と関連技術」のテーマで「微細藻類からの油脂抽出手法」「農地における原料生産とバイオ燃料利用」「光透過型有機薄膜太陽電池の現状と課題」の3つのご講演を計画しました。

 

CO2フリー燃料に関する最新技術に関しご理解を深めていただき、ご意見ご感想を含めてご討論頂ければ幸いでございます。

○開催要領

 日 時:2019年3月12日(火) 14:00~16:40

 場 所:TKP新橋カンファレンスセンター ホール4B 

(東京都港区西新橋1丁目15-1 大手町建物田村町ビル)

 定 員:先着100名 

 申込み:ご参加をご希望される方は、セミナー参加申込書に必要事項をご記入の上、
       3月8日(金)までにメールにてご連絡いただけますよう、お願いいたします。

技術者セミナー「バイオ燃料と関連技術」

日  時

平成31年3月12日(火) 14:00~16:40

場  所

TKP新橋カンファレンスセンター ホール4B

参 加 費

JCOAL会員企業・団体は無料

(なお、席に余裕がある場合は会員外からも受付[参加費\3,000])

定  員

100名(原則として会員優先先着順とさせていただきます。会場の都合上、一企業から多数の申込みがあった場合、別途調整をお願いすることがあります。)

プログラム

 

 

14:00~14:05

 

 

14:05~14:55

 

 

 

 

 

 

 

  

  

 

14:55~15:45

 

 

 

 

 

 

  

 

 

15:45~16:35

 

 

 

 

  

 

 

16:35~16:40

 

 

 

 

開会挨拶(JCOAL)

 

 

○乾燥工程が不要な微細藻類からの油脂抽出手法について(仮)

 (大) 名古屋大学大学院 工学研究科 物質プロセス工学専攻

 准教授 神田 英輝 氏

 

(講演要旨)

 ミドリムシやクロレラのような微細藻類は、単位面積時間あたりの油脂生産量が桁違いに多いものの、微細藻類からバイオ燃料の元となる油脂を抽出する前に乾燥する必要があります。

 この乾燥工程によって微細藻類からバイオ燃料を生産すると、エネルギー収支がマイナスとなる問題があります。

 この問題を回避する油脂抽出手法として、液化ジメチルエーテルを抽出溶媒として用いる手法を紹介頂きます。

 

○バイオマス作物エリアンサスを用いた農地における原料生産

 とバイオ燃料利用

(国研)農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門

    飼料作物研究領域 飼料作物育種ユニット長 小林 真 氏

 

(講演要旨)

 農研機構が生産技術開発を進めてきたイネ科多年生草類のエリアンサスを栽培し、ペレット燃料に加工・販売する事業が2017年から栃木県内で行われている。エリアンサスの栽培・利用上の特徴を概説し、バイオマスエネルギー原料としての検討材料を提供頂きます。

 

○光合成促進機能を有する光透過型有機薄膜太陽電池の現状と課題

 (大)公立諏訪東京理科大学 工学部 機械電気工学科

     教授 渡邊 康之 氏

(講演要旨)

環境・エネルギー食糧問題の解決に向け、農作物栽培等の光合成に必要な光を透過する有機薄膜太陽電池と光波長変換による光合成促進機能を有するフィルムを用いることで農作物栽培等の光環境を最適化を図ると共に太陽光発電を可能とする「ソーラーチューニング」という新たなコンセプトと実証実験結果について紹介頂きます。

 閉会挨拶(JCOAL)

 


ページの先頭へ