JCOALについて

概要

沿革

一般財団法人石炭エネルギーセンターは平成2年10月16日設立。
平成9年7月1日、国際的な石炭供給の増大を図り、我が国の石炭需給の安定に寄与することを目的として、日本石炭協会(設立:昭和23年3月)、(財)石炭技術研究所(設立:昭和35年2月)、(財)石炭開発技術協力センター(設立:平成2年10月)と再編統合。
平成17年4月1日には(財)石炭利用総合センター(設立:平成元年6月16日)と再編統合し石炭の開発から利用までの総合的展開を推進する団体として現在に至っている。

設立目的 石炭及び関連する各種エネルギー等に関する調査研究、情報の収集・提供、人材の育成、技術開発、技術の普及・移転及び事業化の支援等を行うことにより、国際的な石炭供給の増大及び地球環境に調和する石炭利用の推進を図り、もって我が国におけるエネルギーの安定確保及び産業経済の健全な発展に寄与することを目的とする。



CO2削減がこれまで以上に求められるとともに、バイオマス等の他のエネルギーを取り込んだ事業及びCCUS(Carbon Capture, Utilization and Storage)や石炭灰等の石炭バリューチェーン全体の最適化事業の重要性が増しております。 そのため、JCOALは平成28年8月19日に定款を変更し、これまで対象としていた「石炭」に加えて、バイオマスなどの再生可能エネルギー、天然ガスや水素も事業対象とするとともに、CO2の有効利用や貯留、また、石炭灰の有効利用についても、事業対象として明記することにいたしました。 また、事業形態としても、これまでは「事業化の支援」を行ってきましたが、「事業の実施」という文言を加え、プロジェクトのコーディネーションだけでなく、具体的なビジネス展開にも積極的に取り組んでいきます。

組織概要

名称一般財団法人 石炭エネルギーセンター
英語表記Japan Coal Energy Center (JCOAL)
所在地〒105-0003 東京都港区西新橋3-2-1 Daiwa西新橋ビル3階
TEL03-6402-6100
FAX03-6402-6110
設立日平成2年10月16日
(平成17年4月1日、(財)石炭利用総合センターと統合)
会員152 団体(平成29年11月7日現在)
一般財団法人移行平成24年4月1日
基本財産791百万円

ページの先頭へ