イベントインフォメーション

JCOAL技術者セミナー開催のご案内

JCOAL(石炭エネルギーセンター)では、石炭利用技術に関わる知見を共有化し、新たな技術開発テーマの創出に資することを目的にセミナーを開催しています。

 石炭利用拡大、高効率化、環境保全に向けた種々の取り組みについて、毎回テーマを設定し、ご専門の先生を招いてご講演をいただいております。

 本年度第1回の勉強会として、「多様な炭素固定技術」のテーマで「地下高温域におけるCO2鉱物固定」「土壌における炭素隔離」「土壌炭素隔離機能から見たバイオ炭」の3つのご講演を計画しました。

 従来のCCSとは視点を変えた炭素隔離に関しご理解を深めていただき、ご意見ご感想を含めてご討論頂ければ幸いでございます。

○開催要領

 日 時:2018年11月6日(火) 14:00~16:40

 場 所:TKP新橋カンファレンスセンター ホール5B 

(東京都港区西新橋1丁目15-1 大手町建物田村町ビル)

 定 員:先着100名 

 申込み:ご参加をご希望される方は、参加申込書に必要事項をご記入の上、11月2日(金)までメール(送信先)にてご連絡いただけますよう、お願いいたします。

技術者セミナー「多様な炭素固定技術

日  時

平成30年11月6日(火) 14:00~16:40

場  所

TKP新橋カンファレンスセンター ホール5B

参 加 費

JCOAL会員企業・団体は無 料

(なお、席に余裕がある場合は会員外からも受付[参加費\3,000])

定  員

100名(原則として会員優先先着順とさせていただきます。会場の都合上、一企業から多数の申込みがあった場合、別途調整をお願いすることがあります。)

プログラム

 

14:00~14:05

 

14:05~14:55

 

 

 

 

 

 

 

14:55~15:45

 

 

 

 

 

 

15:45~16:35

 

 

 

 

   

 

 

16:35~16:40

 

 

 

開会挨拶(JCOAL)

 

○地下高温域におけるCO2鉱物固定に関する検討

(一財)電力中央研究所 地球工学研究所

研究参事 海江田 秀志 様

(講演要旨)

 CO2が水に溶けて地層内の鉱物と反応し炭酸塩鉱物となれば、固体として安定に貯留されます。この鉱物化は通常の地層では数百~数千年が必要と成っていますが、温度が高ければ反応が加速されることが知られています。この現象についての抗井実験検討を主題にお話していただきます。

 

○土壌における炭素隔離は制御可能か?

 (国研)森林研究・整備機構 森林総合研究所 土壌資源研究室

 室長 石塚 成宏 様

(講演要旨)

 土壌は陸域で最大の炭素貯留プールとなっており、この増減が今後の大気中CO2変動のキーとなる可能性を秘めています。この土壌炭素貯留機能が有効利用できるかを主題にお話していただきます。

 

○地球温暖化防止の土壌炭素隔離機能から見たバイオ炭

 (国研)農研機構 農業環境変動研究センター

     上級研究員 岸本 文紅 様 

(講演要旨)

 農地の土壌炭素量を増加させることは、地球温暖化の緩和と農地の生産力向上の両方に役立ちます。中でも、未利用バイオマスなどを資源とするバイオ炭は半減期が長く安定性が高いため期待されています。バイオ炭の農地施用と社会実装事例の紹介なども含めて、研究課題や展望を主題にお話していただきます。

 

閉会挨拶(JCOAL)

 

会員企業向け講演会のお知らせ

JCOALではこの度、「会員のいであ株式会社」様よりご提案戴き、現地企業から見た米国及び中国の石炭火力発電政策の最新動向と脱硫技術の新しい選択肢となるアンモニア法脱硫技術の発展に関する紹介及び技術交流会の開催を企画しましたので、会員企業の皆様にご案内申し上げます。

開催日時:平成301023日(火)13:3016:30

会場(予定): 一般財団法人 石炭エネルギーセンター大会議室

詳細・お申込みは会員ページをご参照下さい。

 

Clean Coal Day in Japan 2018 国際会議 講演資料 Presentation materials

第27回クリーン・コール・デー国際会議
Clean Coal Day in Japan 2018 International Symposium

低炭素化の中の石炭エネルギーの位置付け
ROLE OF COAL ENERGY TOWARDS LOW CARBON SOCIETY

日程 : 平成30年9月10日(月)~9月11日(火)
Monday, 10th - Tuesday, 11th September, 2018
場所 : ANAインターコンチネンタルホテル東京(地下1階「プロミネンス」)
"PROMINENSE" (B1), ANA InterContinental Hotel Tokyo, Japan

プログラム・講演資料   
Presentation materials

DAY 1 ; Monday, September 10  9月10日(月)

主催者開会挨拶 Organizer's Opening Remarks 
北村 雅良 一般財団法人石炭エネルギーセンター(JCOAL) 会長
Masayoshi Kitamura Chairperson, JCOAL

共催者開会挨拶 I  Co-Organizer's Opening Remarks-I
TBA 経済産業省
Agency for Natural Resources and Energy (ANRE), Minister of Economy, Trade and Industry (METI)

共催者開会挨拶 II Co-Organizer's Opening Remarks-II 
久木田 正次 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 理事
 Shoji Kukita Executive Director, New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO)

共催者開会挨拶III Co-Organizer's Opening Remarks-III
池田 肇 独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC) 理事
Hajime Ikeda Executive Vice President, Japan Oil, Gas and Metals National Corporation (JOGMEC)

基調講演 1 Keynote Address-I 
Mick Buffier Vice Chairman, World Coal Association (WCA) / Group Executive, Glencore Coal Ltd.
世界石炭協会(World Coal Association(WCA)) 副会長 グレンコア・コール社 グループエグゼブティブ
Powering Sustainable Development with Low Emissions Coal

基調講演 2 Keynote Address-II
坂梨 義彦 電源開発株式会社(J-POWER) 特別参与
Yoshihiko Sakanashi Senior Counsellor, J-POWER
Evolution of Coal ~ From a viewpoint of Evolutionary Biology

セッション I 石炭資源開発投資の動向 Session I INVESTMENT STATUS FOR COAL RESOURCES DEVELOPMENT

セッションI オープニング Session I - Opening 
池田 肇 独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC) 理事
Hajime Ikeda, Executive Vice President, JOGMEC
JOGMEC's Activity for Upstream Coal Business

モデレーター Moderator
堀井 伸浩 九州大学 准教授
Associate Prof. Dr. Nobuhiro Horii, Kyushu University 

講演 1 (中国)  speech-1 (China)
米 樹華 国家能源投資集団公司 副社長
Shuhua Mi  Executive Vice Chairman, China Energy Investment Corporation (CHN ENERGY)
Exploration and Practice on High-efficient Development and Utilization of Clean Coal in China Energy

講演 2 (米国) speech-2 (US)
Everett King President & CEO, Lighthouse Resources, Ltd.
Coal Resource Development and Overseas Supply Potential

講演 3 (豪州) speech-3 (Australia)
Michael Gray CEO, NewBlack Energy Pty Ltd. , State of Queensland
The Changing Face of Australian Coal - New Development and Investment Opportunities

講演 4 (日本) speech-4 (Japan)
松本 裕之 釧路コールマイン株式会社 専務取締役
 Hiroyuki Matsumoto Senior Managing Director, Kushiro Coal Mine Co., Ltd (KCM)
Coal Resources Development of Kushiro Coal Mine (KCM) ~ Activity Plan for Local Production for Locan Consumption in KCM

セッション II 低炭素化に向けた石炭の技術開発 Session II COAL UTILIZATION R&D TOWARDS LOW CARBON SOCIETY

セッションII オープニング Session II - Opening 
青木 登 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 環境部 統括主幹
Noboru Aoki, Director General, Environment Department, NEDO 
Development of Coal-related Technology for Low-Carbon Society

モデレーター Moderator
宝田 恭之 群馬大学 特任教授
Prof. Dr. Takayuki Takarada, Gunma University

講演 1 (国際機関) speech-1(Int'l Org) 
Brad Page CEO, Global CCS Institute (GCCSI) 
Global CCS 研究所(GCCSI) 代表
CCS AND THE NEW ENERGY ECONOMY

講演2 (日本) speech-2  (Japan) 
村木 茂 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)エネルギーキャリア プログラムディレクター 
Shigeru Muraki Program Director, Cross-Ministerial Strategic Innovation Promotion Program (SIP)
R&D on Hydrogen Energy Carriers toward Low Carbon Society

講演3 (豪州) speech-3 (Australia) 
Jane Burton Director, Coal Resources, Department of Economic Development, Jobs, Transport and Resources (DEDJTR), State Government of Victoria
ヴィクトリア州 経済開発・雇用・運輸・資源省(DEDJTR) 石炭資源局長
HYDROGEN and CCS : A Low Emissions Coal Opportunity for Victoria

講演4 (日本) speech-4 (Japan) 
原田 英一 川崎重工業株式会社 執行役員 技術開発本部副本部長 兼 水素チェーン開発センター長
Eiichi Harada Executive Officer, Deputy General Manager of Corporate Technology Division, Kawasaki Heavy Industries, Ltd.(KHI)
International Liquefied Hydrogen Supply Chain Utilizing Brown Coal

講演5 (日本) speech-5 (Japan)
成内 伸一 出光興産株式会社  上席執行役員 石炭事業部長
Shinichi Naruuchi  Senior Executive Officer, Idemitsu Kosan, Co. Ltd. (IDEMITSU)
Low-carbon solutions by large scale co-firing of biomass fuel in coal power plant

Day 2; 9月11日(火) DAY 2 ; Tuesday, September 11
セッション III 低炭素化に向けた世界の政策動向 Session III WORLD'S ENERGY POLICY UPDATED TOWARDS LOW CARBON SOCIETY

モデレーター Moderator  (含、セッションIIIオープニング)(Session III Opening included)
持田 勲 九州大学  名誉教授
Prof. Emeritus, Dr. Isao Mochida, Kyushu University 

講演 1 (米国) speech-1  (US)
Lou Hrkman Deputy Assistant Secretary for Clean Coal & Carbon Management, Office of Fossil Energy, US Department of Energy (DOE)
エネルギー省 化石燃料総局 クリーンコール・炭素管理担当副次官補
U.S. Federal Coal Policy Initiatives - Positioning Coal-Fired Generation for the Future

講演 2 (中国) speech-2 (China)
 Xue-Nong Huang Director-General, Electricity Department, National Energy Administration (NEA)
能源局 電力司 司長
Status and Future Development of China's Clean Coal-fired Power

講演 3  (ポーランド) speech-3 (Poland)
Waldemar Lagoda Deputy Director, Department of Electrical and District Heating, Ministry of Energy (MOE) 
エネルギー省 電気地域熱供給総局 副総局長
Energy and Climate Policy in the EU - the question about the future of the coal

講演 4 (トルコ) speech-4(Turkey)
Dr. Ozturk SELVITOP Deputy Director General, Ministry of Energy and Natural Resources Republic of Turkey

GENERAL OVERVIEW OF TURKISH ENERGY SECTOR - Coal Policy

特別講演 Featured Speech
有馬 純 東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA) シニア政策フェロー (東京大学 公共政策大学院教授)
 Prof. Dr. Jun Arima Senior Policy Fellow for Energy and Environment, Economic Research Institute for ASEAN and East Asia (ERIA) (Professor, Graduate School of Public Policy, The University of Tokyo)
Role of Coal in the EAS Region
セッション Ⅳ 再エネ導入にあたっての石炭の役割 Session IV ROLE OF COAL IN THE RENEWABLES IMPLEMENTATION 

モデレーター Moderator  (含、セッションⅣオープニング)   (Session IV Opening included)
荻本 和彦 東京大学 特任教授
Prof. Dr. Kazuhiko Ogimoto, The University of Tokyo
Energy System Integration -New role of thermal power plants: Flexibility-

講演 1(国際機関) speech-1(Int'l Org)  
Carlos Fernandez Alvarez Senior Energy Analyst, International Energy Agency (IEA)
国際エネルギー機関(IEA)上級エネルギーアナリスト
Asvanced Power Plant Flexibility

講演 2 (日本) speech-2 (Japan)
小笠原 潤一 一般財団法人日本エネルギー経済研究所 電力・新エネルギーユニット担任補佐 電力グループマネージャー 総括研究主幹
 Junichi Ogasawara Senior Economist, Manager, Electric Power Group, Assistant Director, Electric Power Industry & New and Renewable Energy Unit, The Institute of Energy Economics, Japan (IEEJ)
Situation of Power Power System Flexibility ~ Thermal Power Generation's Effort

講演 3(日本) speech-3 (Japan)
若林 嘉幸 三菱日立パワーシステムズ株式会社(MHPS)常務執行役員 エンジニアリング本部長
Yoshiyuki Wakabayashi Executive Vice President, Head of Engineering Headquarters, Mitsubishi Hitachi Power Systems, Ltd.(MHPS)
The Latest Coal-Fired Thermal Power Plant

講演 4 (日本)  speech-4 (Japan)
相曽 健司 大崎クールジェン株式会社 代表取締役社長
President and Representative Director, Osaki CoolGen Corp. (OCG)
Improving Flexibility of IGCC for Harmonizing with Renewable Energy - Osaki CoolGen's Efforts -

セッション Ⅴ Wrap-Up Panel Discussion 低炭素化の中の石炭エネルギーの位置付け ~ ROLE OF COAL ENERGY TOWARDS LOW CARBON SOCIETY

モデレーター Moderator
橘川 武郎 東京理科大学 教授
Prof. Dr. Takeo Kikkawa, Tokyo University  of Science

パネリスト 1  Panelist 1
吉岡  正嗣 経済産業省 資源エネルギー庁 資源・燃料部 石炭課長
Masatsugu Yoshioka, Director, Coal Division, Agency for Natural Resources and Energy (ANRE), METI 
Japan's Coal Policy

パネリスト 2 Panelist 2
堀井 伸浩 / セッション I モデレーター Moderator of Session I
九州大学 准教授 Associate Prof.  Dr. Nobuhiro Horii, Kyushu University

パネリスト 3 Panelist 3
宝田 恭之 / セッション II モデレーター Moderator of Session II 
群馬大学 特任教授
 Prof. Dr. Takayuki Takadada, Gunma University

パネリスト 4 Panelist 4
持田 勲 / セッション III モデレーター Moderator of Session III
九州大学 名誉教授
Prof. Emeritus,  Dr. Isao Mochida, Kyushu University

パネリスト 5 Panelist 5
荻本 和彦 / セッション IV モデレーター Moderator of Session IV 
東京大学 特任教授
Prof. Dr. Kazuhiko Ogimoto, The University of Tokyo

 

第27回クリーン・コール・デー国際会議 申込み開始

第27回クリーン・コール・デー国際会議

お申込み受付を開始致しました。

詳しくは特設ページをご参照ください。

科学技術館 子供向けイベントのご案内

◆科学技術館 夏休み子ども実験教室

クリーン・コール・デー2018記念行事の一環として、科学技術館との共催で「夏休み子ども実験教室」を北の丸公園の科学技術館4階「実験スタジアム」にて8月10日と11日の2日間実施します。

2018jikken.jpg

◆科学技術館 サイエンス友の会 夏休み子どもバス見学会

クリーン・コール・デー2018記念行事の一環として、科学技術館サイエンス友の会主催の夏休み子どもバス見学会を実施します。

日程 : 2018年7月31日 (火) 8:40-15:00

見学先 : 電源開発株式会社 磯子火力発電所

応募対象 : 小学3年生以上の科学技術館サイエンス友の会正会員と保護者の家族会員27名

こちらのバス見学会にご参加頂くには、「科学技術館サイエンス友の会」へのご入会が必要となっております。
*2018年度科学技術館サイエンス友の会会員募集について、詳細は科学技術館サイエンス友の会にお問い合わせ下さい。

問い合わせ先: 科学技術館サイエンス友の会 TEL:03-3212-8506

           http://www.jsf.or.jp


ページの先頭へ