イベントインフォメーション

石炭灰有効利用シンポジウム2019 開催のお知らせ

JCOALは,国際的な石炭供給の増大と地球環境に調和する石炭利用の推進を図り,わが国におけるエネルギーの安定確保・産業経済の健全な発展に寄与することを目的として,石炭の持つ資源量や経済的な優位性を温室効果ガスの排出削減という地球課題と両立させた高度利用を目指し活動を進めており,その一環として石炭灰有効利用にも取組んでいます。

現在,CO2削減がこれまで以上に求められると共に,バイオマス燃料の利用拡大やカーボンリサイクル,石炭灰を含む石炭バリューチェーン全体での最適化事業の重要性が増大しています。とりわけ,わが国の石炭灰発生量は年間1,200万トンを超えており,これを有効に利用・活用していくことは,低炭素化社会の構築のため,資源リサイクルを促進して天然資源の枯渇防止に寄与することなどの観点からも重要と言えます。

本シンポジウムは2003年より隔年で開催しており,今年で第9回目の開催となります。今回のシンポジウムでは,フライアッシュやIGCCスラグのコンクリート分野における利用拡大と規格化への取組みや石炭灰混合材料の土工材としての実用化と設計・指針整備のほかに,石炭灰の有効利用によって低炭素化への寄与を目指した事業取組み事例についてもご講演いただきます。

多くの皆さまの参加申込みをお待ちしております。

l 日  時:           2019(令和元)年1128日(木) 9:3017:50

l 会  場:           科学技術館サイエンスホール 
                             〒
102-0091東京都千代田区北の丸公園2番1号
※アクセス       http://www.jsf.or.jp/access/map/

l 参加費:            会員:10,000円,非会員:15,000円,官公庁・大学等:無料

l 意見交換会:         無料

l 参加申込:      こちらの参加申込書(エクセル)にご記入の上、メールでお送り下さい。
           メール宛先はこちらです。

※申込締切日  20191114日(木)17:00までとさせていただきます。
        (定員に達し次第,締め切らせていただきます。)

l 支払方法:     専用サイトからオンラインでお支払いください。
        クレジットカード決済システムが準備でき次第,決済URLをお送りします。
          特定商取引法に基づく表記:こちらのPDFファイルをご確認ください)

※キャンセルポリシー お支払い後の返金はお受けしておりません。予めご了承ください。

l 問合せ先:      105-0003 東京都港区西新橋三丁目2-1 Daiwa西新橋ビル3
                       一般財団法人石炭エネルギーセンター 技術開発部 (竹田、角間崎)
                                TEL      03-6402-6103
                          E-mail
 メールでの問い合わせ     
           
  

l 本シンポジウムは,土木学会継続教育(CPD)プログラムの認定を受けております。
                                     ※認定番号:JSCE19-1354 単位数 : 6.7単位

cpdmark(背景透過)【添付用】.png

石炭灰シンポジウム2019開催案内・プログラム

Clean Coal Day in Japan 国際会議 講演資料 Presentation Materials

第28回クリーン・コール・デー国際会議
Clean Coal Day in Japan 2019 International Symposium

我々は、⽯炭でSDGsに貢献します〜ゼロエミッションコールを⽬指して
Coal will contribute SDGs 〜 Pathway to Zero Emission Coal

日程 : 令和元年9月9日(月)~9月10日(火)
Monday, 9th - Tuesday, 10th September, 2019
場所 : ANAインターコンチネンタルホテル東京(地下1階「プロミネンス」)
"PROMINENSE" (B1), ANA InterContinental Hotel Tokyo, Japan

第28回クリーン・コール・デー国際会議動画

プログラム日本語版  PROGRAM English

講演資料   
Presentation materials

DAY 1 : Monday, September 9  9月9日(月)
開会セッション Opening Session

主催者開会挨拶 Organizer's Opening Remarks 
北村 雅良 一般財団法人石炭エネルギーセンター(JCOAL) 会長
Masayoshi Kitamura Chairperson, JCOAL

共催者開会挨拶 I  Co-Organizer's Opening Remarks-I
南 亮 経済産業省(METI) 資源エネルギー庁 資源・燃料 部長
Ryo Minami Director-General, Natural Resources and Fuel Department, Agency for Natural Resources and Energy (ANRE), Ministry of Economy, Trade and Industry (METI)

共催者開会挨拶 II Co-Organizer's Opening Remarks-II 
久木田 正次 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 理事
 Shoji Kukita Executive Director, New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO)

共催者開会挨拶III Co-Organizer's Opening Remarks-III
池田 肇 独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC) 理事
Hajime Ikeda Executive Vice President, Japan Oil, Gas and Metals National Corporation (JOGMEC)

基調講演 1 Keynote Address-I 
Josh Cosgrave Director, Government Relations, Coal 21 Fund, (member of World Coal Association/WCA)
Coal 21基金機構 渉外局長
COAL21 Pathway for Lowering Emissions from Coal


基調講演 2 Keynote Address-II
Carlos Fernandez Alvarez Senior Energy Analyst, International Energy Agency (IEA)
国際エネルギー機関(International Energy Agency/IEA)上級アナリスト
The Role of Coal in the Evolving Mix

特別講演 1 Featured Speech-I 
柏木 孝夫 東京工業大学 特命教授 名誉教授
Prof. Dr. Takao Kashiwagi Professor, Tokyo Institute of Technology (TITIH)
Future Energy Vision based on G20

特別講演 2 Featured Speech-II
有馬 純 東京大学 教授
 Prof. Dr. Jun Arima Professor, Graduate School of Public Policy, The University of Tokyo
The Role of Coal in the Growing Trend for ESG Investment

セッション I ⽯炭を取り巻くファイナンス動向
Session I     Situation of Financial Support surrounded by Coal Business

モデレーター Moderator 

杉山 大志 キャノングローバル戦略研究所 研究主幹
Taishi Sugiyama, Research Director, The Canon Institute for Global Studies (CIGS)

講演 1 (日本)  speech-1 (Japan)
長谷川 洋 経済産業省 資源エネルギー庁 長官官房需給政策室 室長
Hiroshi Hasegawa Director, Energy Supply and Demand Policy Office, Commissioner's Secretariat, Agency for Natural Resources and Energy (ANRE), Minister of Economy, Trade and Industry (METI)
Global trends of ESG investment - implication to energy industries & policies -

講演 2 (日本) speech-2 (Japan)
紺野 博靖 西村あさひ法律事務所 弁護士

Hiroyasu Konno Lawyer, LPC Nishimura & Asahi Law Firm
Legal Issues with regard to TCFD Recommendations

講演 4 (国際機関) speech-4 (Int'l Org)
Alex Zapantis General Manager, Commercial, Global CCS Institute(GCCSI)
The Divestment Campaign, ESG Ratings, and CCUS
 

セッション II 低炭素化に向けた世界のエネルギー政策動向
Session II        Energy Policy towards Low Carbon Society in the World

モデレーター Moderator 

堀井 伸浩 九州大学 准教授
Associate Prof. Dr. Nobuhiro Horii, Kyushu University 
Stand together under "Coal for SDGs Alliance"

講演 1 (国際機関) speech-1(Int'l Org) 
Christopher G. Zamora Acting Executive Director, ASEAN Centre for Energy (ACE)
ASEAN Energy Policy towards Low Carbon Society

講演 2 (米国) speech-2  (US) 
Jarad Daniels Director, Office of Strategic Planning, Analysis & Engagement, Office of Fossil Energy, US Department of Energy (DOE)
Status of U.S. CCUS Policies and R&D

講演3 (中国) speech-3 (China) 
 Wei Guo Deputy Director-General, Electricity Department, National Energy Administration (NEA)
Status and Future Development of China 's Clean Coal-fired Power

講演4 (ポーランド) speech-4 (Poland) 
Waldemar Lagoda Deputy Director, Energy Department, Ministry of Energy (MOE)
Energy Policy Updated in Poland and Europe ~ Towards Low Carbon Society 

Day 2 : 9月10日(火) DAY 2 ; Tuesday, September 10
セッション III 将来に向けた国際連携 
Session III   Innovation by International Collaboration towards the Future

モデレーター Moderator  
岡崎 健 東京工業大学 特命教授 名誉教授
Prof. Dr. Ken Okazaki, Tokyo Institute of Technology  (TITH) 

講演 1 (米国) speech-1  (US)
Jason Begger Executive Director, Integrated Test Center (ITC), Wyoming Infrastructure Authority, State of Wyoming
Wyoming: America's Coal Leader, Driving Energy Technology 

講演 2 (米国) speech-2 (US)
Takeo Tanei Deputy General Manager, Project Coordination & Business Development 2, Business Divison 2, JX Nippon Oil & Gas Exploration Corporation
PETRA NOVA Carbon Capture

講演 3  (豪州) speech-3 (Australia)
John Krbaleski Acting Head, Resources, Department of Jobs, Precincts and Regions, The State Government of Victoria
The hydrogen opportunity and the CarbonNet Project

 

特別講演 3 Featured Speech-III
藤嶋 昭 東京理科大学 栄誉教授
Distinguished Prof. Dr. Akira Fujishima Distinguished Professor, Tokyo University  of Science
Carbon Recycling Technology based on Photocatalysis
特別講演 4 Featured Speech-IV
和久田 肇 経済産業省  資源エネルギー庁 資源・燃料部 政策課長
Director, Policy Planning Division, Natural Resources and Fuel Deparment, Agency for Natural Resources and Energy (ANRE), Ministry of Economy, Trade and Industry (METI)
Initiatives for Carbon Recycling
セッションⅣ パネルディスカッション 
ゼロエミッションコールをめざして〜ネクストステップへの道 
Session IV  WRAP-UP PANEL DISCUSSION
Pathway to Zero Emission Coal ~What should we do for the Next Step? 

モデレーター Moderator 
宝田 恭之 群馬大学 特任教授
Prof. Dr. Takayuki Takarada Gunma University

パネリスト 1 Panelist 1
竹廣 克 経済産業省 資源エネルギー庁 資源・燃料部 石炭課長
Katsushi Takehiro Director, Coal Division, ANRE, METI 
Challenges for zero-emission coal

パネリスト 2 Panerist 2
Alex Zapantis General Manager, Commercial, Global CCS Institute(GCCSI)
CCUS DEVELOPMENTS

パネリスト 3 Panerist 3
Daniel Quinn Acting General Manager, Onshore Minerals and Energy Branch Department of Industry, Innovation and Science (DIIS)
Coal and Low Emissions

パネリスト 4 Panerist 4
杉山 大志 キャノングローバル戦略研究所 研究主幹
Taishi Sugiyama Research Director, The Canon Institute for Global Studies
Coal Strategy of Japan : A Personal View

パネリスト 5 Panerist 5
坂梨 義彦 電源開発株式会社 特別参与
Yoshihiko Sakanashi Senior Counsellor, J-POWER
Technological Innovation for Coal Evolution

閉会挨拶 Organizer's Closing Remarks 
塚本 修 一般財団法人石炭エネルギーセンター(JCOAL) 理事長
Osamu Tsukamoto, President, JCOAL / Chairman, Executive Committee for "Clean Coal Day 2019"

国際会議講演資料について

第28回クリーン・コール・デー国際会議講演資料は、最終的に当日投影された資料を整理、登壇者へ確認の上、

数日後に掲載し直させて頂きます。

暫くお待ち下さい。

第28回クリーン・コール・デー国際会議9月9日(月)10日(火)お申込み開始

第28回クリーン・コール・デー国際会議 9月9日(月)10日(火)のお申込みの受付を開始しました。

※お申込み・プログラム・ご案内等はこちらです。

ISO/TC27 固体燃料総会ご案内

【ご注意】** 本ISO総会は、ISO/TC27関係者および石炭・コークス規格委員会関係者のみが参加可能な会議となっております **

ISO/TC27総会のご案内

固体燃料の国際標準化について専門家協議が行われるISO/TC27総会が2019年10月6日(日)9時から東京で開催されます。
皆様のご参加お待ち申し上げております。参加申込については下記をご参照ください。

登録手続

総会参加に際して皆様の事前登録をお願いしております。
ご参加希望の方は事務局宛メール(Email)にてご連絡ください。

参加費

参加費は総会出席者1名につき¥23,000、同行者1名につき¥16,000となります。
クレジットカード決済システムの準備ができ次第、ご参加される皆様に決済URLをお送りさせて頂きます。

特定商取引法に基づく表記

査証手続

総会参加にあたり日本入国のための査証手続が必要な方は、日本事務局宛にご連絡ください。
その際、査証手続に必要な書類準備にあたり英語表記にて申請人名、企業名、役職、およびパスポートコピーをお送りください。

開催場所

会 場 名:TKP品川カンファレンセンターアネックス
住所:東京都港区高輪3-13-1 TAKANAWA COURT3階
電話番号:03-5447-1201
最寄駅:JR品川駅、京急品川駅高輪口より徒歩3分

事務局連絡先

ISO/TC27総会日本事務局(一般財団法人石炭エネルギーセンター)
担当: 崎元尚土、本多名穂子
Email: こちらから送信ください
電話番号: 03-6402-6103

 


ページの先頭へ