日本の炭鉱世界遺産

三池炭鉱の概要

三池炭鉱の概要 ~日本最大の炭鉱~

1889 明治政府の官営事業であった三池炭鉱を三井財閥が経営開始
1896 勝立坑完成

團琢磨の案により、当時世界でも最新のデビーポンプを初導入、これにより水没した勝立坑の排水問題を解決

1898 宮原杭第一堅坑完成
1901 宮原杭第二堅坑完成
1902 万田第一堅坑完成
1908 万田第二堅坑完成
三池港開港
1909 1905年に三池港までつながった九州鉄道(現JR鹿児島本線)が電化着手
1937 九州鉄道(現JR鹿児島本線)、全線電化
1940 三川坑完成
1944 戦前の出炭量最高を記録(403万トン)
1963 三川鉱炭じん爆発事故(死者458名)
1970 出炭量過去最高を記録(657万トン)、これ以降、石炭需要が下降
1997 閉山

 三井三池萬田坑 明治36年.jpg三池2 (2).jpg


ページの先頭へ