最新情報

安全祈願祭の実施  ~~基礎研究・先導研究拠点の研究用プレハブ建設工事~~

 令和3年10月26日、広島県大崎上島町に国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が整備中のカーボンリサイクル実証研究拠点において、基礎研究・先導研究用プレハブ建設工事の安全祈願祭を挙行した。本事業は、NEDOからJCOALが採択を受けた、『カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2有効利用拠点における技術開発/CO2有効利用拠点化推進事業/基礎研究拠点整備・研究支援の最適化検討と実施」の一環で、11月1日より基礎・先導研究エリアの研究棟及び共用棟の工事開始に先立って執り行われたものである。当日は、地元大崎上島の八幡神社の泉宮司の司祭により、大崎クールジェン株式会社や中電工業株式会社等から大勢のご出席も賜り、厳かに行われた。

 閉式後、本工事の施主としてJCOAL塚本理事長が、本工事の成功と更なる発展に向けた挨拶を行った。また、建設工事の設計・施工者として中電工業石井社長から、本工事への意気込み、安全への配慮等に関して挨拶を頂いた。以下、塚本理事長の挨拶の要旨を記す。

 「本日、安全祈願祭を滞りなく終了し、11月1日より着工できる日を迎えることをうれしく思う。ご多忙の中ご参集いただいた関係者の方に感謝を申し上げる。昨年10月には、2050年二酸化炭素排出をゼロにするカーボンニュートラル宣言が出され、11月にはグラスゴーでCOP26が開催され、化石燃料、特に石炭に対する風当たりは強くなることが予想される。ただし、S+3Eの観点から石炭は一定程度依存することは明白である。このような状況の中、二酸化炭素を資源として活用するカーボンリサイクルの技術を加速化するこの大崎上島のカーボンリサイクル実証研究拠点は非常に重要な意味を持つ。JCOALは経済産業省及びNEDO様のご指示のもと、この実証研究拠点の整備を務めていく。JCOALは6つの研究室を有する研究棟と、会議室・分析室を有する共用棟を建設する。この建設工事を担当いただく中電工業様は、大崎上島での工事経験が豊富であり、不可欠である地元の皆様のご理解とご協力を受けながら工事を完遂できると信じている。また大崎クールジェン様には、構内での工事でありご迷惑をお掛けすることもあるが、ご協力をお願いしたい。」

 研究棟及び共用棟は令和4年6月に竣工して、研究支援に供用開始される予定である。

大崎_1.JPG

安全祈願祭の様子

大崎_2.JPG

塚本理事長挨拶

大崎_3.jpg

先導研究・基礎研究用プレハブ建設予定地(赤枠)

第30回クリーン・コール・デー国際会議(2021年度)を終え、総括動画を公開します("Symposium Summary Movie" is now available)

本年度第30回クリーン・コール・デー国際会議(2021年度)は、COVID-19の中、昨年度に引き続きオンラインにて開催しました。

本国際会議の要旨をわかりやすく動画にいたしましたので、皆さまにご紹介いたします。

本国際会議に関する問合せは、下記担当までお願いいたします。

第30回クリーン・コール・デー国際会議(2021年度)

JCOAL 国際事業部 藤田/原

電話番号:03-6402-6104

メールでのご連絡

「石炭実験教室」を開催しました

 10月30日(土)・31日(日)、JCOALは、科学技術館(東京都千代田区)との共催で、2021年度 石炭実験教室を開催しました。本イベントは、クリーン・コール・デー2021記念行事の一環として、小学生~中学生を対象に、石炭について学んで頂くものです。

 当日は、実際に選炭実験をしてみたり、燃焼する様子を見て頂くことで、石炭についての学びも深まった様子でした。また、カーボンニュートラルを目指す様々な技術についても、知って頂く機会になりました。

(当日の様子(写真))

sekitanjikken-image (1).jpg

sekitanjikken-image (2).jpg

『カーボンリサイクル研究開発のNEDO公募概要の説明会』 ご案内

(CO2有効利用拠点(広島県大崎上島)における技術開発について)

 

JCOALでは、NEDOが広島県大崎上島に整備中のカーボンリサイクル研究拠点において、基礎研究拠点の整備や管理運営を担っております。この度NEDOが研究拠点で実施する研究開発テーマを公募します。多くの方々に公募内容を周知していただき、積極的な提案を期するため、公募内容の説明をNEDO環境部に実施していただくことになりましたので、説明会に参加希望される方を募集します。

 

「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2有効利用拠点における技術開発」(基礎研究エリア・実証エリア)に係る公募について

(NEDO公募予告ページを集約)

(1)概要

2019年9月に経済産業省から示された「カーボンリサイクル3Cイニシアティブ」及び2020年1月に策定された「革新的環境イノベーション戦略」(統合イノベーション戦略推進会議)において、石炭ガス化複合発電(IGCC)や石炭ガス化燃料電池複合発電(IGFC)と、発生するCO2を分離・回収する実証事業を進める大崎上島をカーボンリサイクル技術の実証研究拠点として整備するとされました。

 

NEDOではそれらの政策を踏まえ、広島県大崎上島にカーボンリサイクル実証研究拠点を整備しており、2022年度から同研究拠点での研究を開始する予定です。

 

ア.研究拠点のうち基礎研究エリア※1において実施するCO2有効利用に係る要素技術開発について募集を行います。

※1「カーボンリサイクル実証研究拠点」では、「基礎研究エリア」、「実証研究エリア」、「藻類研究エリア」の3区域を整備しており、今回はその内の「基礎研究エリア」に係る公募。「基礎研究エリア」には、10m×7m程度の研究室を複数(6室程度)有する研究棟を現在建設中。

「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2有効利用拠点における技術開発」(基礎研究エリア)に係る公募について(予告) | NEDO

イ.研究拠点のうち実証研究エリア※2において実施するCO2有効利用に係る実証試験について募集を行います。

※2「カーボンリサイクル実証研究拠点」の内の「実証研究エリア」に係る公募。今回の公募に関しては、屋外に28m×24m程度のスペースを確保する予定。

「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2有効利用拠点における技術開発」(実証研究エリア)に係る公募について(予告) | NEDO

(2)事業期間(予定)

2022(2021)年度~2024年度

 

(3)公募期間

 

2021年11月下旬以降の公募開始を予定しています。

 

(4)公募説明会

【第1回説明会(Teams)】11/10(水)11:00-12:00 申し込み締切:11/8(月)

【第2回説明会(Teams)】11/15(月)11:00-12:00 申し込み締切:11/11(木)

 

説明会に参加を希望される方は、

―――――――――――――――――――――

件名:第〇回公募説明会参加希望

ご所属:

お名前:

電話番号:

メールアドレス:

希望参加会(第1回、第2回):

―――――――――――――――――――――

を記載したメールを以下にお送りください。追ってteamsの開催案内をお送りします。

メールの送り先

担当 : JCOAL 技術連携戦略センター 橋本、田中 03-6402-6101

皆様からのご連絡お待ちしております。

石炭実験教室 参加者募集のお知らせ

科学技術館「石炭実験教室」参加者(対象:小学生・中学生)募集のお知らせです。

クリーン・コール・デー2021記念行事の一環として、石炭をテーマとした実験教室を開催します。
石炭ってなんだろう? どうやってできたの? どうやって使うの? え?本当に燃えるの?? といったことを、パネルやビデオを使った説明と実験を通じて紹介します。

開催日時:(1) 2021年10月30日(土) 10:30~11:30頃
     (2) 2021年10月30日(土) 14:00~15:00頃
     (3) 2021年10月31日(日) 10:30~11:30頃
     (4) 2021年10月31日(日) 14:00~15:00頃
        ※どの回も同一の内容です。

※科学技術館は、予約制による入場制限を行っています。予約や本イベントに関する詳細は、科学技術館ウェブサイトをご確認ください。


ページの先頭へ