最新情報

『カーボンリサイクル研究開発のNEDO公募概要の説明会』 ご案内

(CO2有効利用拠点(広島県大崎上島)における技術開発について)

 

JCOALでは、NEDOが広島県大崎上島に整備中のカーボンリサイクル研究拠点において、基礎研究拠点の整備や管理運営を担っております。この度NEDOが研究拠点で実施する研究開発テーマを公募します。多くの方々に公募内容を周知していただき、積極的な提案を期するため、公募内容の説明をNEDO環境部に実施していただくことになりましたので、説明会に参加希望される方を募集します。

 

「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2有効利用拠点における技術開発」(基礎研究エリア・実証エリア)に係る公募について

(NEDO公募予告ページを集約)

(1)概要

2019年9月に経済産業省から示された「カーボンリサイクル3Cイニシアティブ」及び2020年1月に策定された「革新的環境イノベーション戦略」(統合イノベーション戦略推進会議)において、石炭ガス化複合発電(IGCC)や石炭ガス化燃料電池複合発電(IGFC)と、発生するCO2を分離・回収する実証事業を進める大崎上島をカーボンリサイクル技術の実証研究拠点として整備するとされました。

 

NEDOではそれらの政策を踏まえ、広島県大崎上島にカーボンリサイクル実証研究拠点を整備しており、2022年度から同研究拠点での研究を開始する予定です。

 

ア.研究拠点のうち基礎研究エリア※1において実施するCO2有効利用に係る要素技術開発について募集を行います。

※1「カーボンリサイクル実証研究拠点」では、「基礎研究エリア」、「実証研究エリア」、「藻類研究エリア」の3区域を整備しており、今回はその内の「基礎研究エリア」に係る公募。「基礎研究エリア」には、10m×7m程度の研究室を複数(6室程度)有する研究棟を現在建設中。

「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2有効利用拠点における技術開発」(基礎研究エリア)に係る公募について(予告) | NEDO

イ.研究拠点のうち実証研究エリア※2において実施するCO2有効利用に係る実証試験について募集を行います。

※2「カーボンリサイクル実証研究拠点」の内の「実証研究エリア」に係る公募。今回の公募に関しては、屋外に28m×24m程度のスペースを確保する予定。

「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2有効利用拠点における技術開発」(実証研究エリア)に係る公募について(予告) | NEDO

(2)事業期間(予定)

2022(2021)年度~2024年度

 

(3)公募期間

 

2021年11月下旬以降の公募開始を予定しています。

 

(4)公募説明会

【第1回説明会(Teams)】11/10(水)11:00-12:00 申し込み締切:11/8(月)

【第2回説明会(Teams)】11/15(月)11:00-12:00 申し込み締切:11/11(木)

 

説明会に参加を希望される方は、

―――――――――――――――――――――

件名:第〇回公募説明会参加希望

ご所属:

お名前:

電話番号:

メールアドレス:

希望参加会(第1回、第2回):

―――――――――――――――――――――

を記載したメールを以下にお送りください。追ってteamsの開催案内をお送りします。

メールの送り先

担当 : JCOAL 技術連携戦略センター 橋本、田中 03-6402-6101

皆様からのご連絡お待ちしております。


ページの先頭へ