最新情報

2019年6月

創立記念日休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、誠に勝手ではございますが、弊財団創立記念日の為、下記のとおり休業とさせていただきます。

皆様にはご不便をおかけすることと存じますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

休業日:令和元年7月5日(金)

世界環境デー 2019年6日5日に寄せて

JCOALメッセージ

● 1972年から47回目を迎える今年の世界環境デー(6月5日)では大気汚染(Air pollution)がテーマとされています。JCOALは、石炭火力に関連し、大気汚染防止を始めとした様々な環境対策の推進に取り組んできた立場から、世界中の皆様とともにこの記念すべき日をお祝いしたいと思います。

● ご承知のとおり、国連において、2015年9月に「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択され、17の目標が明示されました。17の目標はSDGs(Sustainable Development Goals)として、今や各国政府はもとより、多くの企業の活動目標にも取り入れられています。

● SDGsの7番目の目標に「すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する」ことが掲げられており、そのための取組として「2030年までに再生可能エネルギーのみならず、先進的かつ環境負荷の低い化石燃料技術などのクリーンエネルギーの研究及び技術への投資を促進する」とあります。

japan.jpg● 石炭は世界に広く賦存し、価格も比較的安価で安定しているため経済成長を続ける新興国を中心に需要が高く、日本でもバランスのとれたエネルギー利用(いわゆるエネルギーミックス)の観点から、石炭火力発電が電源構成の約30%を占めています。石炭を環境に調和してクリーンに利用するための技術はクリーンコールテクノロジー(CCT)と呼ばれていますが、SOx、NOx、ばい塵などの大気汚染物質については、日本が率先して環境対策設備の開発・導入を進めてきた結果、それらのほとんどが除去可能となっています。

● また、JCOALは、地球温暖化問題については、CO2を資源として捉えるカーボンリサイクル※やCCUS(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage)の取組を積極的に進めています。CO2排出量は、地域ではなく、地球全体で削減していくことが重要です。

● 石炭を利用する新興国の多くが経済発展を支える電力の増強を必要としており、また、未電化人口、未電化地域の解消のため、今後も石炭などを利用して電力開発を進めていこうとしています。これら化石燃料の利用に伴う大気汚染問題解決に向けて、CCTの紹介並びに普及に向けた協力を進めることが重要であると考えています。そのため、現在、海外約25カ国でCCTセミナーなどを行い、普及啓発に努めています。

JCOALは、SDGsに沿って、世界の人々に、手ごろな価格で信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスができる地球社会の実現に向け、全力を尽くしてまいります。

JCOAL  (一般財団法人 石炭エネルギーセンター)

※JCOALでは4月に新たに炭素循環室を設置し、国の「カーボンリサイクル政策」と連携して、CO2を新たな資源として積極活用・循環させていく取組を推進しています。

  • 1

ページの先頭へ