最新情報

4月1日付 JCOAL内に炭素循環室を新たに設置しました

JCOALは、石炭利用の低炭素化、ゼロエミッションコール※1に向けた活動を強化していくため、4月1日付けで、技術連携戦略センター内に炭素循環室を設置しました。

地球温暖化対策として、国がCO2を新たな資源として積極活用・循環させていく「カーボンリサイクル」を推進する中、JCOALは長年クリーン・コール・テクノロジー(CCT)の推進・普及に携ってきたノウハウを活用して、積極的に事業展開するなど主体的に関わっていきます。

(※1 : CCUS(CO2の分離・回収、利用・貯留)にカーボンリサイクルの促進を行うことで、地球の炭素循環サイクルと一体化させ、石炭利用におけるゼロエミッションの実現を目指すもの)


ページの先頭へ