最新情報

第3回次世代火力発電EXPO(2/27-3/1) 出展のご報告

第3回次世代火力発電EXPOにJCOALもブース展示

 

 リードエクジビションジャパン主催による「スマートエネルギーWeek2019」が2月27日~3月1日の3日間、東京ビックサイトで開催された。

期間中、第3回目となる次世代火力発電EXPOが同時に開催され、JCOALもクリーンコールテクノロジーの紹介を主体とするブース展示を行った。

 JCOALブースへの訪問者は3日間で約600人を数え、展示を見て説明を聞いた参加者の多くから石炭をサポートする発言が聞かれた。

海外からの訪問者も多く、南アフリカからの留学生からは、石炭を多用する同国では老朽化した設備が多く、日本のクリーンコールテクノロジーが是非必要とのコメントもあった。

 主催者の速報によると、期間中の来場者総数は66,579人で昨年を2,000人余り上回った。なお、開会式のテープカットには当センター専務理事の橋口も参加した。

expo2019.jpg


ページの先頭へ