最新情報

プレスリリース JCOAL's STATEMENT

第27回クリーン・コール・デー国際会議を開催しました「低炭素化の中の石炭エネルギーの位置付け」

一般財団法人石炭エネルギーセンター(JCOAL)は、9月10日から11日の2日間にわたり、経済産業省(METI)、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と共催で、宇部市、米国をはじめとする在京23カ国大使館等、カナダ・豪州の4州政府、 Global CCS Institute(GCCSI)等の後援を得て、ANAインターコンチネンタルホテル東京において第27回クリーン・コール・デー国際会議を開催致しました。

会議では、米国、豪州、中国、ポーランド、トルコといった主要石炭産消地の各国および州政府、関係機関・企業、国際エネルギー機関(IEA)、世界石炭協会(WCA)、東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)、Global CCS研究所(GCCSI)などの国際機関、日本の経済産業省資源エネルギー庁等の政府及び関係機関の各方面からの講演があり、国内外の産官学から延べ650人の参加者を得て活発な議論が行われました。会議での議論を踏まえ、JCOALとして以下のステートメントを発信致します。

プレスリリース JCOAL's STATEMENT


ページの先頭へ