最新情報

2013年7月

石炭産業構造調査報告書

石炭は、採掘可能な埋蔵量が豊富で世界各国に幅広く分布する等、他の化石燃料に比べ供給安定性が高く、経済性にも優れていることから重要なエネルギー資源として位置づけられています。一方で、他の化石燃料に比し、燃焼過程における単位当たりCO2排出量が大きいというデメリットがあり、この点を克服した環境調和型の利用が求められており、特に、中国、インド等における石炭需要の急拡大、地球環境問題におけるゼロエミッション石炭火力発電推進、CCSの必要性の増大、原料炭獲得競争の激化、シェールガスのエネルギー市場への参入、東日本大震災を端緒とする我が国のエネルギー基本計画の見直し等、石炭資源を取り巻く事業環境が大きく変化しつつあります。
このような状況の中で、JCOALにおいては、我が国の石炭の安定供給確保の観点から、石炭産業構造がどのように変化しているのか、もしくは、どのように変化しつつあるのかという事象につき、有識者にご参加いただき、分析を進めて参りました。
 ここに平成24年度報告書を掲載いたします。(一般公開は今回が初めてです)

平成24年度石炭産業構造調査報告書

  • 1

ページの先頭へ