石炭について学ぶ

石炭ができるまで

石炭は、もともと植物なのです。大昔、それも数億年という遠い昔に、植物が湖や沼の底に積み重なり(堆積)、くさらずに地層の中にたくわえられ、いろいろな分解作用や地中の熱と圧力などによって変化し、炭素が濃縮されてできたのです。
その種類はいろいろあり、右の表のように炭素の濃縮の程度(石炭化度)による分類や、利用のされ方による分類などがあります。


石炭の分類


ページの先頭へ