石炭灰QA集

セメント原材料

セメントを構成する4種類のクリンカは、元素レベルで調合された各種原料を、ロータリーキルンにて約1450℃で焼成した後、粉砕し製造されます。

セメント原料の内訳
図 セメント原料の内訳

石炭灰は粘土と組成が類似するため、粘土の代替として使用可能です。
ただし石炭灰は粘土に比較してシリカ(SiO2)の量が少ないため、粘土代替としての使用量は40~50%が上限といわれています。

石炭灰の有効利用 1996年3月
(出典:財団法人 エネルギー総合工学研究所 新エネルギーの展望-石炭火力発電の灰処理問題を探る-  石炭灰の有効利用 1996年3月)

セメント原材料(粘土代替)として使用される石炭灰
図 セメント原材料(粘土代替)として使用される石炭灰

【参考】フライアッシュの化学組成

  • 砂や粘土の成分が溶融後に急に冷えて固まったものであるため、二酸化けい素SiO2シリカ)と酸化アルミニウムAl2O3アルミナ)などのガラス成分が主成分
  • この他に炭素の未燃焼分も若干含まれる(強熱減量

フライアッシュの化学成分の一例(%) フライアッシュの化学成分の一例

【石炭の成因と燃焼】
  • 石炭とは、太古の植物が地下にうずもれて、炭化(炭素が主成分となった)したもの
  • 石炭には、炭化の過程で砂や粘土の成分(SiO2、Al2O3)が取り込まれている
  • 石炭を燃焼すれば、これら砂や粘土の成分が残る
  • 炭素の未燃焼分が強熱減量となる

石炭層の露頭

(ご提供:北陸電力㈱)


ページの先頭へ