石炭灰QA集

Q1:石炭灰とは?

Q1:石炭灰とは?

石炭灰(クリンカアッシュ+フライアッシュ)は、主に石炭火力発電ボイラーで石炭(微粉炭)を燃焼させた際に発生する副産物です。日本国内では、平成27年度に1,272万t(電気事業934万t、一般産業338万t)の石炭灰が発生しており、うち1,247万tが有効利用されています(有効利用率98.0%)。なお、一般産業としては、化学工業、製紙業、IPP・PPS※、窯業土石、鉄鋼業が主に挙げられます。

※IPP:独立系発電事業者、PPS:特定規模電気事業者

石炭灰発生状況と有効利用率
図 石炭灰発生状況と有効利用率
(出典:平成28年度石炭灰全国実態調査報告書(平成27年度))

平成27年度石炭使用量に対する石炭灰の発生割合は平均11.2%であり、電気事業は11.0%、一般産業は11.9%となっております。

石炭中の灰分の推移
図 石炭中の灰分の推移
(出典:平成28年度石炭灰全国実態調査報告書(平成27年度))


ページの先頭へ