日本の炭鉱世界遺産

端島炭鉱の概要

端島炭鉱 ~日本初の鉄筋コンクリート集合住宅があった端島とその炭鉱~

1810 石炭発見
1869 長崎の業者が採炭着手、その後何社が採炭しては廃業が続く
1886 第一堅坑完成(36メートル)
1890 端島炭鉱が三菱社の所有となる
1897 高島炭鉱の出炭量を抜く
1916 日本初の鉄筋コンクリートの集合住宅が建設される
1921 この頃より軍艦「土佐」に似ていることから「軍艦島」と呼ばれるようになる
1941 出炭量最盛期(約41万トン)
1972 戦後出炭量最多(35万トン)、これ以降はエネルギー需要の変化で石炭需要が下降
1974 閉山

 三菱 端島.jpg三菱端島 鉱員社宅.jpg


ページの先頭へ