日本の炭鉱世界遺産

高島炭鉱の概要

高島炭鉱~日本初の近代化炭鉱であり、初めて蒸気機関を使っていた~

1695 石炭発見
1869 佐賀藩とトーマス・グラバーが共同出資で採掘開始
北渓井坑にて日本で最初に蒸気機関車が導入された。日本初の洋式立坑でもある。

1881

グラバー破産後、後藤正二郎を経て、岩崎弥太郎が経営開始
1893 岩崎弥太郎が三菱合資会社として高島炭鉱を経営開始
1899 蠣瀬(かきせ)立坑(深さ168メートル)完成
1907 二子斜坑完成
1965 二子立坑(深さ966メートル)完成、日本有数の海底炭田となる
1966 高島炭鉱最盛期:出炭量154万トン、従業員3,000人
これ以降、石炭から石油へとエネルギー需要が変化し、石炭の需要が下降していく
1978 高島炭鉱下降期:出炭量72万トン、従業員1,070人
1985 坑内爆発事故
1986 石炭需要が低下する中、前年の坑内爆発事故に追い討たれるようにして、閉山

三菱高島貯炭場.jpg


ページの先頭へ